カテゴリー「作戦いろいろ」の14件の記事

【作戦いろいろ】脳内戦略で挑むAV攻略:その1.25

今後の攻略は3つのステップに分けていこうと思いますはい。

●STEP①アビの封印方法をめぐるいろんな事のテスト
(今後3~4回はこればっかりやる予定)
<調査内容>
アビ封印テスト(スタンダード)
占有切れによるアビ封印の継続確認
「構え」の調査

アビ封印は、AVのアビに合わせて、同じアビを使用するスタンダードを前提に行います。

使用ログと同時にPCでも発動する。
AVのSPアビ使用間隔は45秒~90秒程度なので、一度AVのSPアビが来たら、30秒ほど強化なり歌なりを行い、アビウインドウを開いたまま集中して次のSPアビ使用を待つ。

とりあえず危険度の高いアビを封印する事を考えると最低でも以下の3つを封印するジョブは常時スタンバイで。

魔力の泉(メテオ、コメット)
連続魔(エアロガ連打)
明鏡止水(インパルス連打)

さらに、以下のアビを封印できれば、暴れながらも維持はできるようになるはず。

百烈拳(センチネル無いと盾が沈む)
ソウルボイス(ヴィルレーでヘイトリセット)

ついでにいくと、アビ封印のチャンスが何回もあるコールワイバーンも封印テストには最適。

ということで、JoLからそのままやることを考えると・・・僕らの出来る範囲の理想編成(18人前提)は以下。

<JoL攻略>
盾:赤赤赤詩白黒
矛:ナ侍竜詩白黒
矛:黒黒黒黒黒コ
AVゾンビ用:モ

ペット呼び出しを黒で一斉に焼いたら、あまったMPで侍&竜の連携にMBしてヒーリングを繰り返します。ナはエクスの追加ダメでザクザク削っていくのみ。

<AV用PTへの組み換え>
JoL討伐寸前に、盾PTにコを入れて青ロールによる魔法防御UPをつけます。
同じく、盾PTの赤が連続魔の封印用として盾PTからはずれ、ナが入ります。

いろいろやってみて、アビ封印が安定してきたら、STEP②へ進みます。

●STEP②連携MBによる削り
(計り知れないほど時間かかりそう)

AVを削るために、さらにアビを封印して腕輪モードまで進む練習。

削るために封印したいのは

女神の祝福(HP全回復)
ブラッドウェポン(一撃で400回復とかキツイ)

削りは侍による闇連携にMBで氷精霊を合わせるスタイルで。

メテオが無ければサポートを手厚くできるので、3枚盾を予定。
青によるふいだまキャノンもテストします。

この段階が安定したら、編成をいじって15アビ完全封印の実験を行います。

●STEP③全アビ封印 ガチ攻略

未知の領域




| | コメント (0)

【作戦いろいろ】脳内戦略で挑むAV攻略:その1.05

1ヶ月ほど前の事ですけど、テキストに落として未来の自分用のメモ。

なんとなく思ってること。
AVのSPアビ使用間隔はミニマムで45~50秒程度ぽい。
使用間隔にはバラつきがある。
効果時間の短いアビは、PC基準の効果時間が切れてから使用カウントかもしれない。
効果時間の長いアビ(1分を越えるもの→フロウ、ソウル)はPC基準の効果時間が切れる前に次を使ってきている。

1_4

※コールワイバーンはAVの使用ログと同時にPCのログが出るくらい完璧なタイミングで使用しているため、その後にコールワイバーンが来たのは何か別の要因で失敗か?
1
<封印アビのロジックについて>
かなり面倒くさいパターン分岐があります。
①AV使用と同じアビをあわせると、そのアビが封印される(オーソドックス)
②AV使用と同じアビをあわせると、特定の別アビが封印される(組み合わせ説A)
③AV使用に特定の別アビをあわせると、そのときAVが使用したアビが封印される(組み合わせ説B)
④AV使用に特定の別アビをあわせると、その時PCが使用したアビが封印される(組み合わせ説C)
⑤AVのアビにあわせたアビのうち、どれか(または複数)が特定の条件で封印される(わけわからん)

その中で②と④はちょっと考えにくい。

簡略化してAVに以下の3アビしかないと考えて・・・

魔力の泉
連続魔
明鏡止水

魔力の泉→連続魔を封印
連続魔→明鏡止水を封印
明鏡止水→魔力の泉を封印

という3すくみ状態になるのが②と④のロジック。

①魔力の泉で連続魔を封印成功
②連続魔は封印済なので使ってこない
③明鏡止水を封印する方法がなくなる

という袋小路になってしまうんですね。
封印に成功しても、砂煙とログだけは出るけど発動しないとかじゃない限り、②と④は無さそう・・・。
(あるいはそのための「構え」だとか)

いろいろやるしかないね!

| | コメント (4)

【作戦いろいろ】脳内戦略で挑むAV攻略:その1

さてさて、サクっとやられてきました。

今回のチャレンジをまとめつつ、今後の挑み方を本気で考えていこうとおもいます。
4~5回は情報収集をして、発見があったら攻略の戦術を考えていこうかと。

●SPアビ封印について
→初回チャレンジの収穫はなし
(気になる証言が1つあるのですが、不明確なので次回に持ち越し)

●維持と削りについて
アビ封印が出来ない場合には、アビがくるものとして対策を考えないといけないですし
アビ封印ができる場合でも、開発がオープンにしたアビ封印の方法では最初に敵のSPアビが使用されます。

つまり、しょっぱなで泉が来る可能性もあるわけで、封印できる前提でもSPアビの対策を考えておかないと、運任せの世界から抜け出せないと言う事になります。

Web上に転がっている情報では、どうやらAVはSP中のみの挙動があるようで、今回のチャレンジでも情報どおりの挙動が確認されました。

まずは基本として各アビと挙動についてまとめておきます。

●SPアビと対策
<特殊な対策をするもの>
魔力の泉(後述)
連続魔(後述)

<センチネル(or影縫い)で乗り切るもの>
百烈拳
明鏡止水

<小竜がらみ→小竜処理で乗り切る>
コールワイバーン
ソウルボイス
アストラルフロウ
微塵がくれ
使い魔

<放置してそのままいくもの>
マイティストライク
絶対回避
女神の祝福
インビンシブル
イーグルアイ
ブラッドウェポン

●特殊なSPアビ対策
魔力の泉対策
→フィールティを張ったナイトで耐え切ります。

コメットはフィールティで防げないので、ケアル補助が無いと生き残れません。そのため、補助用に魔法射程ギリに白、赤盾(魔法カット装備)を置いて全員退避、1分間乗り切ります。

(AV)(盾)     (白)(赤盾)      (他)
             ↑このへんまでメテオ射程?

連続魔対策
→魔力の泉と同じフォーメーションでケアル連打で乗り切ります
(ダメそうなら縫いに切り替えるかも)

●第二回の観察計画
①青ロールによる魔法防御ブースト
②AVのSPアビにあわせたPCのSPアビ(複数)に挑戦。
③上記のフォーメーションによる維持体勢のテストとメテオ範囲の確認。

●オマケ
Jailer of Hopeを消化してきました

| | コメント (1)

【たまには空とか】キリンさんをガチろう

Kirinchan 1年ぶりくらいなんじゃないでしょうか。キリンとか。

絶対トリガ腐ってると思う。そんな熟成キリンを討伐してきました。

もはや正攻法となりつつあるガチですが、久々なので記事に。

今回はフルアラ規模で討伐しました。

編成は

ナ赤赤赤詩白
戦戦侍詩コ白
黒黒黒シ狩

以前はマラソン用にアラを分けていたのですが、フルアラしかいないのと、マラソンの時間が面倒なので同じアラに。

沸かせてからそのまま殴り始めて、四神が召喚されたら端っこに持っていって処理します。

盾は赤盾2ナ盾1の3枚構成。

召喚された4神はナが抜いて、程よく離れたら黒&前衛で瞬殺。

なんだかガチでやると、けっこうキリンのストンガが詠唱中断します(体感3割程度)。いやまぁ喰らうことが多いですけどねハイ。

ストンガは分散されているので500~700ダメージほど喰う感じでしょうか。これくらいなら、赤盾だと魔法カット装備と魔法防御を駆使すればほぼストンスキンで相殺できちゃうわけですね赤盾SUGEEEEEE。

というわけでキリンは赤盾がとっても向いている敵なので、僕はエクスの追加効果とロイエに期待してオートアタァァァックwwwww

殴る場合、レベル補正の関係で命中が足りなくなるのでマドかハンターロールを活用できると素敵。命中400程度だと攻撃が50%しか当たりません。

あとは盾で挟んでひたすらガチる。

今回は開始から30分程度で討伐終了しました。まだ削れる要素はあるので、もうちょい慣れたら、20~25分くらいまで縮めるのが理想です。

1時間で2戦できたら素敵なんだけどなあ・・・。

●Drop(2戦)
麒麟大袖
神木の免罪符:胴
神木の免罪符:胴
麒麟棍
麒麟棍
光布

| | コメント (0)

【作戦いろいろ】オーディンを殴ってみる

※身内共有用です。

Odin_2
配置は上記(クリックで拡大できます)。

ポイントとしては、超針千本であるゲイルレズを後衛もくらってダメージ分散することです。

<注意するWSと対応>

●ゲイルレズ(範囲めちゃ広い)
超針千本+バインド→マラソン担当の赤さんがバインドになったらイレースで即直す(重要!!)

●ヴァルファズル
範囲ダメージ+静寂+呪い→前衛はやまびこと聖水をかならず1D以上持参して自己回復。基本。

●ガグンラーズ
範囲ダメージ&テラー→前衛は「テラー」とちゃんと知らせる。ケアル厚めに。

●斬鉄剣
範囲即死→ラスト10%くらいで使ってくるので、ヒーリングしておくと死なないですみます。上の図よりも広範囲ぽいので必ず全員ヒーリング。

<前衛のポイント>
①食事が消されまくります
→とにかく喰う。
②スリプガしてきます
→毒のむ
③呪い&静寂がきます
→薬品つかう
④斬鉄剣
→毒消しで毒けしてヒール

<後衛のポイント>
①前衛の強化が消されまくります
→担当決めて、遠方から単体でいいのでかける(プロはいいのでシェル優先)
②歌も消えまくります
→頑張って歌いまくる
③ゲイルレズは喰らう必要があります
→上記図の通常WSとゲイルレズの間を見極める(けっこう幅はありそう)

<マラソン担当のポイント>
①ヴァルキリーが抜きにくい
→セリフで沸きますが、PCと同じサイズなのでわかりにくいです。それらしきセリフが聞こえたらディアガで抜いてください。担当を決めても沸き順がランダムなので、とにかくディアガで釣って適当に分散。遅れると前衛がフルボッコで逝きます。
②マラソンが大変
→スロウパライズ入れて、ひたすら逃げる。オーディンのところにヴァルキリーが戻ったら消えるので、そこまでいけたら成功とみてOK。ヴァルキリーやってる間にもゲイルレズきたりするので、絶対に壁際を走る。

以上です。詳細は現場で打ち合わせましょう~。

| | コメント (0)

【エインヘリヤル】ドゥエルグ対策

Web上の情報をもとに想像を妄想と脳内でガガっとポクカリャ~ウェヘヘヘ

●ドゥエルグ
第三ではコイツが一番特殊です。
①本体が無敵
②護衛デーモン12匹が付く
③護衛デーモンを全滅させると本体が死ぬ

つまり、ボス本体は無視して12匹の護衛を寝かしながら倒しきれば勝手にボスが死んでクリアです。
というとカンタンそうですが、さすがにここに罠があります。
それは・・・ボスのWS「ヘルスナップ」で寝かしたデーモンが起きること。
しかもこのWS,PCが範囲スタンするためこっちがスタンすると同時にデーモンが一斉に起きるという酷いことになります。

12匹のデーモンが一斉に起きるとそりゃあもう大変なわけです。

これを避ける方法はありません。ドゥエルグはマラソンしてもワープでデーモンの所に戻りながらWS使うので、WSで睡眠がとけることを防ぐ方法がないんですね
なので、大事なのは「スタンとデーモン一斉起床にどう対処するか」です。
まず基本知識、デーモンのジョブは黒4、暗4、戦4で合計12匹。
この中で一番ヤバいのはガを使ってくる黒なので(裏でも黒からつぶしますよね)、プガで寝かしたら黒から一気に倒します。

●手順としては・・・
ナが釣る
デーモン12匹とドゥエルグが全部くる
プガで全部寝かす
【ここ重要!!】寝かし担当の黒(赤/黒)以外は寝ている敵に挑発などの敵対行動を一切取らない
前衛は黒デーモン(名前は覚えてください)から優先で倒していく
ボスのWSで護衛デーモンが起きる。
プガのヘイトで一斉にこっちの黒を狙ってくる。
(前衛が寝かした敵に敵対行動を取ると、ここで前衛がフルボッコにされて火力がなくなり、ジリ貧→敗北)
黒(赤/黒)が一人倒れても、その間に他の黒がプガを詠唱完了できるので、全員でプガ連打。
死んだ人は、すぐリレイズして、衰弱でもまたプガをがんばる。
まぁ、黒をイケニエにしてがんばるということですねwwww

●護衛デーモン寝かし&位置取りのコツ
モンスの基本行動を思い出してください。遠くに居る場合、魔法つかうジョブは遠くから魔法使ってきますよね。

それを逆に利用すると・・・

最初にナがつると、戦デーモンは一目散にナを殴りにくるが、黒と暗デーモンは遠くから魔法を使おうとする。
つまり、ナの近くにいるのは戦、遠くに居るのが黒になります。前衛は遠くのデーモンからタゲって行くのが吉。
さらに、デーモンが睡眠から起きたとき、戦デーモンはいきなり殴ってきますが、黒デーモンは最初に魔法を使おうとします。ということは、戦デーモンから距離を置いておけば、いきなり殴られる可能性が低くなり、黒デーモンが魔法を詠唱完了する前にプガで寝かせられる可能性が高くなります。

↓つまり釣った直後はこんな感じ(テキトーな図www)
Yattuke

●役割別のうごきまとめ
<前衛>
以下の4匹の黒デーモンを最優先で倒します。とにかくこいつらをヌッコロスことに注力。寝てる敵にも挑発など一切いりません。こいつらが倒せれば、あとは適当でOK。

Bui(黒)→名前短いので分かりやすいデスネ。
Hadding the Elder(黒)→似た名前でHadding the Youngerってのが居ます。Hエルダーで覚えてください。
Hjorvarth(黒)→似た名前でHervarthてのがいます。Hjで覚えてください
Reifnir(黒)→頭文字Rは一匹だけなのでカンタンですね。

<黒(赤/黒)>
プガで寝かしたら、ストブリ確認してください。デーモンは全部一斉に起きるので、最初からプガのサブタゲ出しておいて、デモが動いた瞬間にプガしちゃってOKです。起きたログよりデーモンが動き出すほうが早いです。(運良くスタンWSの範囲外にいれば、これでキレイに寝かせられるはず)

<盾>
ドゥエルグはそこまで間隔早くないですが、リゲインあるみたいで10秒に1回くらいWSが来ます。引き寄せられながらでもマラソンできるので、とにかく走る。マラソンの目的はWS(ヘルスナップ)が本隊に炸裂しないようにドゥエルグを遠くまで引っ張ることなので、十分に離れたら正面からガチで維持。赤/白をひとり付けると楽になります。

ワープでドゥエルグが消えたら本隊の方に登場しているので、ダッシュで釣りに行くこと。
その際、WSでヘヴィくらってる事が多いので赤さんに直してもらいましょう。

ドゥエルグに関しては以上です。

| | コメント (0)

【作戦いろいろ】エインヘルヤルの基本の動き共有用

【ご注意】身内共有用です。全体把握のためにドウゾ。

●基礎知識
ボスは真ん中に登場(後の方のウイングでは、ザコを殲滅するまでPOPしない)
ザコは12体タイプと6体タイプがあり、ランダムでいろんなタイプのが出てきます。
全ての敵が視覚聴覚感知を持っているようです。
ボスは感知範囲が広い印象。

第一ウイングではザコ1~2種類+ボス
第二ウイングではザコ1~3種類+ボス(ボスが後から沸くケースあり)
第三ウイングではザコ2~4種類+ボス(ボスが後から沸く)

1

●基本編成は以下の4PT

【盾】ボス討伐担当(実質は赤詩白の回復ジョブPT)
【黒】ボス討伐担当(ピュア黒PT、指揮一人おきます)
【矛A】壁沿いにザコ殲滅→ボス(メリポPT)
【矛B】壁沿いにザコ殲滅→ボス(メリポPT)

①突入したら、矛PTは2手に分かれて壁沿いに進軍
(一気に広場のカドくらいまで行ってキャンプ釣りすると楽)

②黒PTは盾PTと共にボス近辺のザコを掃除し、ボスが釣れる環境になったら即ボス討伐を開始

③ザコの殲滅が終了したら、矛PTはナイチントゥルバソウルボイスで強化かけてボス攻略に参加(PT単位で削るタイミング交代)

以上、基本の動きでした。

●この動きに当てはまらないケース
ボムが来た場合・・・盾がマラソンしますので、抜いて順次撃破してください。寝ないボム混ざってるのでプガ禁止です。
闇エレが来た場合・・・黒PTでエレ討伐を行ってください。ボスは後回しです。
ボスが牛の場合・・・ボスの特性で一番遠い人をタゲっちゃうので、これもザコ終わってから最後にやります

以上、コツコツ更新してきますよ~。

| | コメント (2)

【作戦いろいろ】裏氷河ヌエ塔ソロ攻略ガイド

おまたせしました。

薬品を駆使して、裏氷河のヌエ塔をソロで攻略する方法です。

戦力があるLSではガチでハイドラゾーンもやりきっちゃうと思うのですが、僕の証取りはフレ8~18人程度で行ったため、常に僕がソロでヌエ塔まで走って、スリップで目玉を倒していました。

もちろん、自分で編み出したわけではなく、Webで拾った方法をベースに、自分なりのやりやすさを加えたものです。

このダイナミックな作戦を最初に編み出した方に感謝!!

<必要なもの>
エルメスクエンチャ
パウダーブーツ×2

クリム脚などの移動速度UP装備は不要です。だれでもできます。

<ポイント>
(A)でパウダーブーツ
(B)まで走ってエルメスクエンチャ
(C)まで走ってパウダーブーツ

Solordm
こうやって繋ぐ事で常時トンズラ状態を維持でき、ヌエ塔まで一気に駆け込めます。

あとはヌエ塔で目玉をスリップゾンビで倒すのみ。

(D)の場所は使用しませんが、安全地帯として覚えておいて損は無いです。前半でなにかミスってしまい、逃げ切れそうにない時は、とりあえず(D)で死んで立て直すことができます。

ヌエ塔でスリップゾンビするためには、死に場所が重要です。この作戦の9割は、この死に場所にかかっています。

セミはあると便利ですが、無くてもいけます。

赤/忍が最も安定しますが、スリップが豊富な黒も向いてるかもしれません。

詳細はニコニコ動画にUPしてある動画ガイドをご覧ください。

| | コメント (3)

【作戦いろいろ】裏氷河の証NM攻略

えーと。証NMの抜き方です。

このやりかたなら4~6人程度でもNM倒せるので、UPしておきます。

Webで拾った情報をパクってBushiが実行した方法です。ご利用は自己責任で。

盾証、短剣証、片手刀証のNMはこれでいけました。

他もいけると思いますが、両手槍証とかはペットジョブだらけなのでペット処理が別途必要になると思います。

Step1
①釣る

Step2
②護衛ハイドラが沸く
赤い円がNMの感知範囲・青い円が護衛の感知範囲

Step3
③逃げる(エルメスクエンチャ推奨)
護衛ハイドラよりも証NMのほうが移動速度が早いので、次第に距離ができて証NMだけ感知範囲がずれる。エルメス切れるころには十分にずれています。(短剣証NMの場合は本体が開幕に古代詠唱しちゃうので特殊)

Step4
④感知範囲が十分に離れたら死ぬ
NMに殴られて死のうとすると、魔法や遠隔でNMが止まって、そこに護衛ハイドラが追いついて②の状態に戻ってしまいます。

なので忍者の微塵でNMに特攻して即死が推奨。

Step5
⑤ゾロゾロと戻りだす

Step6
⑥すかさずNMだけを再び釣る
(図だとオトリが再び釣ってますが、普通は別の人)

Step7
⑦護衛ハイドラの感知範囲外なのでリンクせず、NMだけやれる
こうすると、証NM特有の「護衛よびよせ」が無い。

| | コメント (2)

【作戦いろいろ】脳内戦略で挑むJailer of Love

Jol

脳内を置いときます(クリックで拡大します)。

盾は赤/忍とナ/赤、ディスペル大目でタゲとり。

相方の盾を魅了やガで巻き込まないように、やや広めに距離をとり、詩人はその合間でバラバラを歌う。

呼び出すザコ×3は、控えの赤盾がディアガで抜いて殲滅担当へ持っていく。

殲滅担当は、ザコを殲滅し、MPの残り具合にあわせてLoveを精霊で削る。
(Loveは属性チェンジをするので、使用魔法に注意)

脳筋はひたすらLoveを削る。

Loveを削るアタッカーには、竜、侍、暗、召あたりを予定しています。

とりあえず置いといて、改定する予定。

| | コメント (0)